明日から商いか~も明日から他国見物です~も総合ストレスとなる

Posted on

扇動とは、なんらかの攻撃により「癇や体勢」のことを言います。

例えば、苦手なチーフに嫌味を言われたと決める。 この場合だと、扇動の原因は苦手なチーフが言った嫌味で、扇動が自分が感じた悔いや腹立たしさなどの気持ちです。

扇動と言われて考え付くことと言えば、不快対応だったりしませんか?? チーフや近所のことや授業での人間関係や任務の負荷、ノルマ、長時間の通勤やお忙しい任務、騒音、元金、税、政治への鬱屈などなど、挙げだしたらキリがありませんね。

しかし、勘違いしていはいけないことは、「扇動=不愉快な対応」ということです。

苦手なチーフと毎日センター一緒に仕事をするのも、好きな異性と久しぶりに毎日センター一緒にくつろげるのも、明日から試作ウィークなのになかなか試作演習が終わらないのも、楽しみな運動会に向けての大好きなリレー教育も、明日から任務か~も明日から外国航海です~も全員ストレスとなるのです。

結婚式も別れも転職や左遷も入学や卒業、不快任務も楽しいデートも嬉しいことや悲しいことも全員扇動だ。ココロと健康に乗り越えるあらゆる攻撃は扇動ということになります。

ストレスのない状態は、脱皮や攻撃がないときのことをいいます。気温も調音も灯も全体が全く貫く状態です。コイツに近い風情としては、寂しげで気持ちのいいシーズンの昼過ぎに、廊下でのんびりとうたた寝をしているような状態ですね。

扇動には精神的な扇動と肉体的な扇動があります。嬉しい・楽しい・不愉快・悲しい・つらいなどと受けとるのは心的扇動で激しいエクササイズや長時間の通勤、悪い出方や食品添加物、熟睡欠如などは肉体的扇動に当てはまる。

このように精神的な物と肉体的なものがあって、元凶も様々です。

扇動はないに越したことはなと想うほうが多いとおもいますが、扇動が無さ過ぎても体調不良を引き起こしてしまうのです。

大切なのは扇動(攻撃)と感謝(攻撃のない体調)の均整だ。ですが、現代人は扇動が多すぎる傾向にあり、心身の無秩序の大きな原因となっています。扇動が蓄積して掛かることに気付いていない人も多いようです。

少しでも元凶を省くために、攻撃を受けてしまったら攻略・解消していきましょう。そういったアレンジを生活行うことが非常に大切だと言えます。お金必要